治療案内

一般歯科

虫歯・歯周病・入歯などの治療を保険治療中心に行っています。

にしやま歯科医院ではお口の中を総合的に検査・診断を行い、その人にあったベストな治療を選択したいと思っております。

小児歯科

「乳歯は生え変わるから、虫歯になってもよい」なんて考えている方はいませんか?
乳歯は永久歯に比べ歯の厚みが薄く、虫歯が進むとすぐ神経に近くなってしまうため痛みが出やすいです。

にしやま歯科医院ではかわいいお子様を押さえつけて無理やり治療するようなことはなるべくしたくありません。
そのためしっかりと虫歯予防を行い、大人になってからも歯を大切にしてもらえるよう指導を行っています。

矯正歯科

カガミでお口の中を見たときに歯並びが悪いと感じたことはありませんか?

歯並びが悪いと見た目だけでなく、虫歯や歯周病になりやすくなります。

お口をあけて自然に笑うことが出来るよう、にしやま歯科医院では矯正治療も行っております。

インプラント治療

インプラント治療とは失った歯を補う方法のひとつです。

これまでは歯を失ってしまうと失った歯の前後の歯を削ってブリッジという方法で治したり、入歯という方法で治療を行ってました。
しかしブリッジでは失ってしまった歯の前後の歯がほとんど削られてなくてもかなり大きく削らなくてはいけないというデメリットがあり、また入歯では今までよりも噛み応えが悪かったり、舌で触ったりした時に違和感があったりします。

インプラントはチタン製のネジをあごの骨に埋めて歯の根っこの代わりにして、その上にかぶせ物を装着します。

審美歯科

「PMTC」(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

歯の表面についた歯垢(プラーク)や着色等を特殊な医療器機を使って完全に取り去ります。
歯周病や虫歯の予防等の効果もあります。


「ホワイトニング」(歯牙漂白)

歯の色がもともとちょっと黄色っぽいような方に対して歯を白くしていくことホワイトニング(歯牙漂白)といいます。

にしやま歯科医院ではホームブリーチといわれる、自宅でジェル状の薬剤ペーストとマウスピースを使用する方法でホワイトニングを行っております。ホワイトニングに使用する薬剤が強いほど、早く白くすることが出来るのですが、その分、知覚過敏(冷たい水等がしみること)が起きやすくなります。その点ホームブリーチでは比較的弱い薬剤のため安全に使用できることが、当院でホームブリーチを行っている理由です。

また、神経を処置した歯で、色が黒っぽく変色してしますことがあります。この場合は歯の裏側に穴を開けて、過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを使用して白くしていきます。これはウォーキングブリーチ法といい、神経のある歯を白くする方法とは異なります。詳しくはご相談下さい。


「メラニン除去」

喫煙者によく見られますが、歯肉の色が黒くなっている場合があります。もちろん歯ブラシで擦ってもとれません。これは歯肉の中のメラニンによるものです。

にしやま歯科医院では歯科用レーザーを使用して歯肉内のメラニン除去を行っております。メラニンを除去することでピンク色の歯肉に改善していきます。


「ハイブリッドセラミックインレー・クラウン」

ハイブリッドセラミックとはセラミック(陶材)とレジン(プラスチック)をあわせた材料です。歯に近い色調が出せることと金属アレルギーなどに対しても有効です。欠点としては金属に比べると強度的には劣ってしまうこと、時間が経つと変色したりする可能性があります。